>>  先生紹介
本来、皮膚は最も優れた自己回復力を持っています。ところが最近はアトピー性皮膚炎の治療をしても再発を繰り返す例が多くなっています。ステロイドを中心とした治療が自己回復力を弱めたり大気や水道水の汚染、食住生活などの病気の背後にある生活環境が改善されていないからです。皮膚疾患の最良の治療はまず栄養バランスを保ち自己回復力を高めることです。
具体的には保湿クリームやゼリーを基本に症状の悪化した時はステロイドを使うこともありますが、漢方薬との併用で消炎効果を落とさず、副作用も生じないように工夫しています。

また当院独自の処方により、ステロイドの副作用が殆 ど出ないUP13(ユーピー13)、UP60(ユーピー60)という軟膏による治 療も行っています。ご希望の方は診察時に院長が詳しい説明、対応いたします。